【国産牛か外国産か】ローストビーフを作るならどっち?

お料理してると、ふと疑問に思うこと色々ありますよね。

新鮮な野菜の見分け方だったり、

調味料の高いのと安いのってどっちがいいの?とか

私も色々疑問に思うんですよね

スポンサーリンク




で、私の中で私なりの答えが出たものを

みなさんにお伝えしていこうと思います

では 本題に戻ります。

私の印象では

国産牛
良いところ:うまみがある、柔らかい、くさみがない

悪いところ:なんといっても値段が高い、さしが入っているため油っこく感じる場合もある

外国産
良いところ:値段が安い、お肉がしっかりしていて食べごたえがある、赤身が多くヘルシー

悪いところ:焼くと固くなる、くさみがある、安全面の不安

だいたいこんなイメージを持っています

みなさんも大まかにはこんなイメージなのではないでしょうか?

で、試しに両方作ってみました。

(今回は外国産のローストビーフはオージービーフしか手に入らなかったので、オージービーフと国産牛の比較になります)

やっぱり自分で作って食べてみるのが一番ですよね

国産牛のローストビーフ
良いところ:噛めば噛むほど肉のうまみを感じる

悪いところ:肉がしっかりしすぎてレアだとかたく感じる

オージービーフのローストビーフ
良いところ:柔らかい、安い

悪いところ:国産牛と比べるとくさみが多少ある

といった感想でした。

今回は国産牛は100g=700円程度の一般的?な価格の牛肉なので、
決して高級なブランド牛ではなかったので良さをあまり感じることができませんでした。

噛めば噛むほどうまみを感じるというのは
逆に言うと嚙みしめなければうまみはそこまで感じないというレベル。

オージービーフのほうは国産牛と比べると多少くさみを感じるものの、
食べ比べるからくさくかんじる程度で食べ比べないとわかりません。

オージービーフは100g=250円程度のものを今回使いました。

価格が3倍も違います

スポンサーリンク




まぁ、価格も大事ですが、味だけで言っても私はオージービーフのほうが好みでした。

結論、ローストビーフを作るならオージービーフ!

これは間違いないと思います。

(そりゃ100g=2000円とかするようなブランド牛だと話は別かもですが・・・)

そもそも、お肉専門店で「国産牛のローストビーフ用のお肉ください」と言っても
売ってませんでした。

3軒はしごしてもどこにも売ってませんでした。

結局取り寄せていただき、3日後に手に入れましたが
そこまでする価値はまっっっっっったくありません。

ローストビーフ作るならオージービーフ!

これは私の中でしっかり結論が出ました

今回は『ローストビーフを作るとき国産牛と外国産牛って結局どっちがいい
の?』についてお話ししました。

ローストビーフの作り方をチェックしたい方はこちら
↓↓↓
【ローストビーフ】肉汁じゅわ~なローストビーフ丼

画像ポチして応援お願いします
↓↓↓

料理レシピ集ランキング
いつもありがとうございます(^^)

スポンサーリンク




コメントを残す