【王道ハンバーグ】肉汁飛び出す!2種類のソースで和食にも洋食にも♪

こんにちはー!

チヒロです

今日は2種類のソースで作るハンバーグのレシピを紹介します

スポンサーリンク




男性の好きなおかずランキングでトップ3に入ってくるもの、それがハンバーグです!

なのでハンバーグは絶対マスターしておいた方がいいです。

抑えるべき点を抑えたら、誰でも簡単においしくて肉汁飛び出すハンバーグが作れますよ(^^)/

そして、和風・洋風の両方でいただけるのがハンバーグの魅力の一つですよね。

今日は一気に2種類紹介しちゃいます!

最後までぜひ読んでくださいね(^^♪

ではまず完成したお料理から見てください。

どっちも甲乙つけがたいほどおいしそうですよね

できたてをいただくと、口の中で肉汁あふれて思わず笑みがこぼれるほどおいしいです(*^-^*)

決して特別なことをしなくても、誰でも肉汁溢れるハンバーグが作れるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク




<材料>2人前
合い挽き肉 300g

玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
卵 1個
牛乳 50cc
パン粉 大さじ5
ケチャップ 大さじ1
ウスターソース 大さじ1
塩コショウ 少々
オリーブオイル(炒め油) 大さじ1

洋風ソース
☆ケチャップ 大さじ4
☆ウスターソース 大さじ2
☆酒 大さじ2
☆バター(マーガリン可) 小さじ1

strong>和風ソース
大葉 2枚
大根おろし お好きなだけ
ポン酢 適量

<調理時間>
30分

<材料費>
500円程度
(私はまたまた安いお肉ゲットできたので300円程度でできちゃいました(^^)/)

<作り方>

玉ねぎをみじん切りにする。

みじん切りの方法はこちら
【玉ねぎのみじん切り】基本の切り方

※みじん切りはかなり細かくしてください。

※オリーブオイルがなければサラダ油でも大丈夫です。

炒めないでお肉と玉ねぎを混ぜてしまうと、玉ねぎの辛味が強くておいしさが半減します。

玉ねぎをあらかじめ炒めてから混ぜるのは手間ですが、できれば炒めてください。

※よくこねたら、ラップをして冷蔵庫で少しねかしてください。(最低10分)

そうするとお肉のまとまりがよくなります。

※手に油をなじませると形が作りやすいです。

形を作る際に、しっかり中の空気を抜いて、できるだけ両面をなめらかにすると肉汁をしっかり閉じ込めて焼くことができます。

ハンバーグが焼けたら、洋風の場合は☆の材料をハンバーグを焼いた後のフライパンで一煮立ちさせてかけるだけ。

フライパンに余分な油がたくさんある場合はキッチンペーパーなどでふき取ってから、ソースを作ってください。

和風の場合は、大葉と大根おろしを盛り付けてポン酢を添えるだけ。

洋風のハンバーグは誕生日や記念日など特別な日にもいいですね(*^-^*)

付け合わせのニンジングラッセの作り方はこちら
【ニンジングラッセ】ニンジン嫌いでも食べられる!

和風の方はさっぱりしているので、何度食べても飽きがこないおいしさ

でもやっぱり洋風も和風もどっちも大好きー( *´艸`)

以上、チヒロの2種類ソースのハンバーグレシピでした!

またねー(^^)/

最後まで読んでくれてありがとう

画像ポチして応援お願いします
↓↓↓

料理レシピ集ランキング
いつもありがとうございます(^^)

チヒロのTwitter
↓↓↓
チヒロの料理垢






こちらのお料理もいかがですか?
↓↓↓
【ナスの挟み焼き】ボリューム満点でインスタ映え♪甘辛ダレでご飯がススム!

スポンサーリンク




コメントを残す