【とんかつ】基本のとんかつ簡単レシピ!おいしく揚げるコツ

こんにちはー!

チヒロです

長寿・健康の秘訣はお肉を食べること!と

TVでやっていたので早速とんかつを作ってみました(^^)/

スポンサーリンク




お肉を毎日食べて健康を維持してる方もいらっしゃるようです。

毎日お肉を食べるのは良くないイメージですけど、

毎日食べていても健康でご長寿な方が多いそう。

もちろんお肉だけ食べるのは良くないと思いますが、

野菜やお魚もバランスよくとりつつ、メインはお肉というのはむしろ良いみたいですね

なぜ、お肉を食べると健康・長寿につながるのかというと

良質なたんぱく質がたくさんとれるからです。

脳の血管はたんぱく質でできているので、

低たんぱくなものばかりとっていると、

脳の血管がもろくなり破壊するリスクが増えるんです。

なので良質なたんぱく質をしっかりとるということが、

健康を維持していく上でとっても大事なんですね

お肉なら牛肉・豚肉・鶏肉なんでもいいみたいなのですが、

特に私は豚肉に注目してみました。

豚肉には糖をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富なんです。

ビタミンB1は水溶性で、炒め物にすると肉汁と一緒に流出しやすい栄養素。

ですが、とんかつのように衣でつつんで揚げることによって、

ビタミンB1の流出を防ぎ、栄養素を無駄なく摂取できるんです。

せっかく食べるならしっかり栄養素まで摂取したいですよね

なので今日は、とんかつの基本レシピを紹介したいと思います

スポンサーリンク




<材料>2人前

豚肉(とんかつ用肉) 2枚
塩コショウ 少々
薄力粉(小麦粉) 大さじ1
卵 1個
パン粉 適量

<調理時間>
15分

<材料費>
250円程度

<作り方>

※筋を切っておかないと、揚げた時に筋が縮んでお肉が丸まってしまいます。

丸まったお肉は油が切れにくいので油っぽくなりやすい上に見栄えも良くないので、筋切りはしっかりしましょう。

※とんかつの失敗の多くは、揚げたはずなのに中が生であることです。

なので最初は低めの温度でじっくり中に火を通し、仕上げに温度を上げて表面をカリッと仕上げれば、

失敗はしません。

豚肉のうまみである肉汁も栄養素もしっかり閉じ込めたとんかつ、

おいしそうですよね

とんかつにはよくキャベツが添えられていますが、

実はこれにも理にかなった意味があるんです。

まず、キャベツの食物繊維がとんかつの油分の吸収を適度に抑えてくれるので、

健康にもダイエットにもいいということ。

そして、キャベツにはキャベジンをいう成分が含まれていて、これは胃腸の働きを良くしてくれます。

つまりキャベツを食べながら揚げ物を食べると、胃がもたれる・ムカムカするのを防いでくれるのです。

さらにキャベツは歯ごたえがあるので満腹を感じやすいことから、食べすぎ防止にもなるんです。

いいことづくめのとんかつとキャベツの組み合わせ

よく考えられていますね(*^-^*)

キャベツ→汁物→とんかつの順で食べるとさらにいいそうですが、

私は自分の好きなようにストレスを感じないで食べることも大事だと思います。

なので健康にいいからといって、それに縛られすぎないように

食事を楽しみましょう(^^)/

以上チヒロのとんかつの基本レシピでした

またねー!

最後まで読んでくれてありがとう

画像ポチして応援お願いします
↓↓↓

料理レシピ集ランキング
いつもありがとうございます(^^)

チヒロのTwitter

こちらのお料理もいかがですか?
↓↓↓
【とんかつ用豚肉の味噌焼き】とんかつだけじゃない!とんかつ用肉のレシピ☆

これ知ってますか?
紙を交換する必要のないコロコロです!
水で洗うだけで何度も繰り返し使える、まさにエコなコロコロ
1000回以上繰り返し使っても粘着力が落ちないという実験結果も出ているので、
このお値段も納得です(*^^)v

ECO ROLL 本体セット(本体・ケース) 【お掃除コロコロ エコロール】

価格:5,161円
(2017/8/30 16:43時点)
感想(0件)


スポンサーリンク




コメントを残す